超久々の更新

画像


ビーズクッションの上でまんまるネコダンゴと化しているWARUKOです。
3.11。
あの日、突然やって来た大災害。あれから一カ月が過ぎても未だに余震は続き、放射能は漏れ続けています。
WARUKOmama達人間は、皆怖い思いをしたり、先行きの不安で精神が不安定になっている人も多いのに、WARUKOは全然へっちゃらです。

画像


地震が来ても、こんなキャワイイカッコして寝たまんま。
動物って、天災に対して敏感だってよく聞きますが、WARUKOに関しては、すっかりそんな野性味は消え失せています。
元野良猫だったのに、天敵のいない家の中だけで十数年を過ごしたせいでしょうかね。
でもこんなWARUKOの寝顔が、怖かったり、不安だったりで、つい眉間に皺が入ってしまうWARUKOmamaの顔を和ませてくれます。

一年半前、WARUKOmama、仕事で気仙沼を訪れました。あのときお世話になった方々が全員ご無事と聞き、心底ホッとしました。復興の為に連日頑張っておられる様子に、逆にこちらが勇気づけられました。
人は……強いです。それから、優しいです。
自分達が大変な思いをしているのに、「東京も色々大変でしょう?」という気遣いに、胸が熱くなります。
これからこの経験を踏まえて、日本は世界一の防災国にならなくちゃいけないんだよね。
そんな未来に向って……


頑張ろう、日本国民!

"超久々の更新" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント